2007年10月30日

Bトレイン新パート1購入報告

12個買ったのですが、一番目当てのE233系は出ませんでした。
確率的には2分の1の確率でE233系の先頭車か中間車が出るはずだったのですが
甘いですね。
かろうじて485系のボンネットとクロ481は出たので、良しとしますが
E233系と485系以外は中間車ばかりでした。(6両)
先頭車は415系七尾線と115系広島色だけです。
誰かサーチ行為(?)を行ったか。
ちなみに、すべて同じボックスから取りました。
まあ、E233系は後に必ずセット販売するだろうから、無理してゲットしようとしなくてもいいんですけど。
待てねーよ。
jrE233.jpg jr489-500.jpg
posted by ブンセイ at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

SL南房総号再び

今年の2月にJR内房線の木更津〜館山間を走った快速SL南房総号が
来年1月に今度はJR外房線で走ります。
1月25日26日27日に勝浦〜館山間での運行です。
使用されるSLはD51-498で、この時期奥利根号としてJR高崎線を走っています。
右の写真は今年の5月に高崎駅でたまたま撮影したSL奥利根号です。
木更津駅で南房総号を撮った時は大勢の見物人で思うように撮れませんでしたが
この時は人があまり多くなく、楽に撮影することができました。
SLkisarazu.jpg SL_okutone.jpg
posted by ブンセイ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

E231系通勤タイプのBトレイン

画像はJR総武線(黄帯)です。
黄色が薄いのが残念です。
実物はもっと鮮やかなイエローです。
また、このBトレには致命的な欠陥があります。
ドア窓のふちがHゴムみたいに盛り上がっているのですが
実車はくぼんでいるのです。
かなり違った印象です。
209系も同様にくぼんでいるのですが、209系のBトレは正しく表現されています。
なぜかE231系のほうは間違っています。
E231系のほうが先に作られたんでしたっけ。
たしかパート1で出てたよな。
このBトレを設計した人は、実車をよく見て作ったのか疑問です。
それと、パンタなしの屋根がなかなかはまらず、力を入れすぎてガラスパーツにヒビが入ってしまいました。
これ以上は危険なので、やむなくパンタ付きの屋根に交換しました。
前照灯が白く塗られているのもイマイチです。
B-jrE231.jpg E231.jpg
posted by ブンセイ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

JR105系のBトレイン

JR西日本スペシャルパート3で入手しました。
左が旧広島色(オレンジ)、右が新広島色らしいです。
右はいわゆるパンダ顔ですが、左は常磐線から転属した元103系1000番台でしょうか。
103系1000番台のBトレは幌なしですが、こちらは幌が付いているので
シブい顔つきです。
103系1000番台はもともと東京メトロ千代田線乗り入れ用でしたが
203系に置き換えられたことによって一部が常磐快速線に転属し
エメラルドグリーン一色に塗り替えられました。
写真のオレンジ色とは好対照です。
側面パーツは103系の使い回しかと思ったのですが
裏には「105」と刻印されているので、新規パーツなのでしょうか。
非ユニットサッシ窓で、乗務員室横に戸袋窓がないパターンは103系には存在しないということか。
B-jr105.jpg
B-jr103-1000.jpg jr103-1000.jpg
posted by ブンセイ at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

201系体質改善工事施工車のBトレイン

JR西日本スペシャルパート3で入手しました。
写真は大和路線のウグイス色です。
東京ではウグイス色の201系は登場せず
(201系が山手線に投入されることはなかった)
ウグイス色一色の車両自体、山手線から103系が消えて以来見ていないので
感慨深いものがあります。
JR西の201系にはオレンジ、スカイブルー、ウグイスの3色がありますが
ウグイスだけ前面に警戒帯が入っています。
なぜかと思ったら、大和路線は踏切事故が多いとかで
列車の接近が目立つように白帯が入っているらしいです。
これは先代の101系、103系から受け継がれています。
車体は張り上げ屋根に改造されています。
張り上げ屋根フェチの私としては、たまらんです。
戸袋窓は埋められ、窓は高速バスタイプに改造されています。
張り上げ屋根+戸袋窓なしというスタイルは
クリーム色一色時代の東武8000系を彷彿とさせます。
前面はパッと見変わっていないように見えますが
よく見ると前照灯がフロントガラスの内側に入っています。
前面の幕類のステッカーは屋根パーツに貼るタイプになっていて
リアルです。
B-jr201.jpg B-jr201west2.jpg
B-jr201.jpg kyuutoubu2.jpg
Btrain5.jpg B-nisisupe3.jpg
posted by ブンセイ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

交渉人 真下正義

私はこの映画、恥ずかしながら昨日テレビで初めて観ました。
乗っ取られた地下鉄の試作車がクモE4-600っていうんですけど
非鉄の人は、なんで「クモ」なの?って思うでしょう。
国鉄式の車両形式を元にしているのは間違いないと思いますが
それによると「クモ」は制御電動車ということになります。
つまり、運転台とモーターを備えた車両です。
「クモハ」というのが一般的ですが
最後の「ハ」は普通車という意味で、客室の等級を表しており
通勤電車ではあまり意味をなさないので付けなかったのでしょう。
クモE4-600はどの線路の幅でも走れるフリーゲージトレインという設定ですが
だからといって、自由自在に走れるってわけはないでしょう。
ポイントを切り替えないといけませんよ。
それに、1両編成では使い物になりません。
試作車だからいいのか?
無数のライトが光ってたけど、あれじゃまるでマルチプルタイタンパーだ。
「脇線」や「ダンパ」などという聞きなれない用語が飛び交ってたけど
それもそのはず、映画用に勝手に作られた言葉でした。
「脇線」は連絡線、「ダンパ」は留置線の意味のようです。
連絡線は、実際に東京メトロ千代田線と有楽町線の間などにあります。
途中で「せんびきや」という人物が登場しましたが
果物屋の「千疋屋」かと思ったら
「線引屋」つまり列車ダイヤを作成する職人でした。
「スジ屋」という呼び方が一般的なんですけど。
なんかおかしな表現が多いです。
それに今どきダイヤの変更は、いちいち職人を呼ばなくてもコンピュータプログラムで簡単にできるでしょう。
まあ、それじゃストーリーがつまらないですけど。
映画の撮影は東京でなく、神戸市営地下鉄などで行われたようですが
冒頭でちらっと、今はなき横浜市営地下鉄1000形のドアが映りました。
画像はクモE4-600にちょっとだけ似ているつくばエクスプレスです。
tx-1.jpg hama1000.jpg
タグ:真下正義
posted by ブンセイ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

125系のBトレインその2

125系は223系をプロトタイプ(?)としているということで
車体の形状、窓の形や配置などは223系に似ていますが
ビード(ビート?)がなくなって、223系よりすっきりした印象です。
実車は3ドア化改造できるように車体中央にハメ殺しのドア部がありますが
Bトレではもちろん省略されています。
片側のトイレも省略されていて
左右とも同じ窓配置に作られています。
B-jr125-2.jpg B-jr223.jpg
posted by ブンセイ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

Bトレインショーティー西スペ3買い増し

先日の日比谷公園鉄道フェスティバルでBトレJR西日本スペシャルパート3を7個買ってきたのですが
なんか消化不良気味(?)だったので
本日、有楽町のカツミで5個追加購入してきました。
で、引いたのは
201系体質改善施工車ウグイス先頭
201系体質改善施工車オレンジ先頭
105系オレンジ先頭
113系関西色先頭
クモハ73ぶどう色
でした。
全部先頭車って、なにげにすごい。
バラで12個買って、201系ウグイスの3両編成が出来上がりました。
ラッキーカラーは黄緑か。
70系スカ色は1両も出ませんでした。
画像はまだないので、代わりにスタートレインの103系体質改善施工車の画像を貼っておきます。
starTrain2.jpg
なお、トレードには応じられませんので、あしからず。
posted by ブンセイ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

JR125系のBトレインショーティー

本日発売開始されたJR西日本スペシャルパート3で入手しました。
私はきのう日比谷公園鉄道フェスティバルでの先行発売で1日早く手に入れることができました。
関東の人が地元関西人より先に手にするというのもおかしなものです。
もうしわけないです。
これはクモハ125で、両運転台です。
組み立てた感想ですが
塗装はきれいにされていました。
前面の方向幕(LED)は屋根パーツに貼るタイプで、楽です。
ちなみに、201系体質改善施工車も同様の方式になっていました。
はめ込みにはかなり力がいりました。
しかも前面と側面の間に少しすきまが開いてしまいます。
B-jr125.jpg
posted by ブンセイ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

鉄道フェスティバル2007

今年も日比谷公園の鉄道フェスティバルに行ってきました。
目的は関西私鉄のBトレインショーティーをゲットするためです。
東京で手に入れるめったにないチャンスですから。
会場には11:30に着きました。
やはり今年も京阪と阪急のブースには長蛇の列ができていました。
京阪の列のほうが若干短かったので
去年は並ぶのがイヤであきらめたのですが
今年はがんばって並びました。
1時間10分並びました。
1900系のBトレを買いました。
そのあと阪急の列が短くなっていたので、並んでみました。
約20分並んで800系のBトレが買えました。
旧型車両なので、あまり人気がなかったような気がします。
山陽電車は今年も空いていて、並ばずに5000系のBトレが買えました。
名鉄のブースでは話題のパノラマカーのBトレを販売していましたが
なぜか余裕で買えました。列もできていませんでした。
ところでJR西日本スペシャルパート3のBトレですが
HPの告知では24個入りボックス単位での販売のみとなっていたのですが
個売りしていました。
ボックス単位での売れ行きが悪かったからでしょうか。
なんとなく、そんな予感がしてました。それを期待していました。
並んでいる途中で知りました。
にもかかわらず余裕で買えました。
4箱、2箱、1箱と3回に分けて買いました。
引いたのは
クモハ125、201系ウグイス先頭・中間、201系スカイブルー先頭・中間、
105系広島色、73系ぶどう色先頭です。
なかなかいい引きでした。
クモハ125はシークレットに匹敵する価値があるようですね。ヤッタ
実は評判のよくない73系が一番のお目当てだったりします。
今回買ったBトレについては組立て・撮影しだい公開します。
疲れた。
B-jr223.jpg B-sanyo3000.jpg
posted by ブンセイ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

銚子電鉄がBトレインショーティーに!!

本日幕張メッセで開催された全日本模型ホビーショーで発表されたらしいです。
私はそんなイベント知りませんでしたが。
ということは、例の東京メトロ銀座線のBトレは旧型車両ということになりますね。
発売される銚子電鉄の車両は元銀座線の車両だからです。
つまりカラバリってことです。
画像は鉄コレの銚子電鉄2種です。
tetukore.jpg
posted by ブンセイ at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

ブラインド販売について

ブラインド販売には向いている商品と向いていない商品があると思います。
Bトレインショーティーは向いている部類に入ります。
鉄道車両は同じ車両を引いても、どんどん編成を長くしていく楽しみがあるので
ある程度は使えます。
でも実車より長い編成になってしまうのはマズイですが。
たまに欲しくない車種で編成ができてしまい苦笑することがあります。
最後の手段として色を塗り替えてしまう方法もあります。
廃棄率は少ないほうでしょう。
バスコレクションについては
バスは鉄道に比べてローカル色が強いので
全然異国の地のバスを引いてしまうと持て余してしまいます。
コレクション派は同じバスを引くとあまりうれしくないですが
ジオラマ派は使い道があり、むしろ歓迎します。
ブラインド販売で困るのは建物コレクションです。
特徴のない普通の民家とかならダブっても使い道がありますが
劇場や銭湯などは1個あれば十分です。
ダブらないためにはボックス買い(12個入りなど)せざるを得ません。
(それでも同じ建物が2個出る)
あとは、はじめからオークションや開封売りを頼る。

ところで、Bトレのブラインド販売は麻雀の役作りに似てるような気がします。
これを引いちゃったから手を変えようとか。
あと1両で編成ができる時はリーチ。
中間車で待つ場合は、カンチャン待ち。(笑)
ポン・チーはオクや開封売りです。(交換も)
自力で編成が作れたらツモ。
シークレットはドラでしょうか。
でも使い道がない。
B-KIOSK4.jpg buscolle2.jpg
diorama3-1.jpg
posted by ブンセイ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

JR西日本スペシャルパート3のBトレインショーティー

10月14日発売開始です。
日比谷公園鉄道フェスティバルが10月13日と14日に開催され
私は西スペが手に入ることを期待してイベントに行こうと思っているのですが
13日には西スペの販売はないのかと気になっていたら
トレインボックスのHPによれば13日に先行発売することがわかり
喜んだのもつかの間
イベントでは24個入りケース単位での販売のみとなっており
がっかりしました。
丸ごと買う気はありません。
ブラインド販売のワクワク感を味わいたかったのに。
ケース単位の販売は通販でやればいいのではないでしょうか。
そのほうが持って帰る手間もかからないことだし。
それとも、個売りはわずらわしいからやらないのでしょうか。
いかにも転売して下さいというような感じがします。
一人でも多くの人に楽しみを分けてほしいです。
ところで、今年はカツミでの販売はないのでしょうか。
去年のパート2は製作協力カツミとなっていたのでカツミでも販売したようですが
パート3ではカツミはからんでないのか。
左の画像はパート2の外箱、
右の画像は、パート2の103系体質改善車(播但線)です。
B-nisisupe2.jpg B-jr103bantan.jpg
posted by ブンセイ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

211系のBトレインショーティーがついに出る!!

以前の記事で211系のBトレを出してくれと訴えましたが
Bトレファンページを見たら
来年の2月末に発売予定の新パート2に211系他と書いてあるではありませんか。
房総色は当然として
カラバリというべき415系1500番台も含まれますよね。
パート15で415系鋼製車の編成ができた人にとっては
併結する楽しみがあります。
jr211takasaki-2.jpg jr211bousou.jpg
jr415-1500-2.jpg jr415heiketu1.jpg
posted by ブンセイ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

東武8000系のBトレインショーティー

東武8000系は2回塗色変更をしています。
ベージュとオレンジ色のツートンカラー
→セイジクリーム一色
→白地に青と水色のライン(現在)
です。
Bトレではこの3色とも発売されています。
更新車(青ライン)は塗装が少し雑です。
また、前照灯と尾灯の枠が実物より大きく
ちょっと違う雰囲気になっています。
セイジクリームバージョンのステッカーの車体番号は
なぜか白で印刷されています。
これにはがっかりしました。
実物はステンレスの切り文字です。(つまりシルバー)
白なので貼っても文字がほとんど見えません。
B-tobu8000kousin.jpg B-tobu8000sinkyu.jpg
tobu8000_jr415.jpg kyuutoubu2.jpg
posted by ブンセイ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

Bトレ症候群

Bトレインショーティーばかり見ていると、たまにNゲージのスケールモデルを見たときに、とてつもなく長く見えてしまうので注意が必要である。

Bトレ依存症
常にBトレインショーティーを買っていないと気がすまない症状。
そのくせ、なかなか組み立てないので、箱がどんどん積み上がっていく。
それを眺めるのが快感だったりする。
ご購入は計画的に。
B-hikaku1.jpg B-bakabon.jpg
ところで新パート1の出荷日は10月29日(月)らしいです。
posted by ブンセイ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

JR205系1000番台のBトレインショーティー

少し前の205系1200番台の記事でだいたいことは語りました。
それにちょっと追加しますが
205系1000番台シリーズは山手線の205系をE231系に置き換える際、大量に余った中間車を先頭車化改造してできた形式のため
そのなごりで正面から見て左側の乗務員室ドアの上に方向幕を鉄板でふさいだ跡があります。
それがBトレでは通常の方向幕と同様にへこんだ形で成型されています。
私はこれを見たとき、エラーかと思いました。
新規金型なので、そのへんはふさいだ形で表現してほしかったです。
また、Bトレではその方向幕の部分のラインが切れていますが
実車ではそこまでラインが引いてあります。
それ以前に前面の色が違いますが。
例のふさがれた窓ですが、1200番台のBトレでは失敗するのが怖くて開口しなかったのですが
JR東日本KIOSK特別編パート4で手に入れた1000番台では思い切って開口してみました。
裏側からカッターで切り込みを入れたのですが、思ったより楽に切れました。
しかし、そのやり方ではやはり見た目があまりきれいではなく
本格派は最初小さめに穴を開けて、徐々に広げていく方法を行っているようです。
ところでこの1000番台、はじめ見た時はのっぺらぼうな感じが気に入らなかったのですが
Bトレを作ってみてから、悪くないなと思うようになりました。
なんのひねりもないE231系よりははるかにかっこいいと思います。
上から見ると大きな円周を描く曲面ガラスが美しいです。
B-jr205-1000.jpg jr205nanbusi.jpg
posted by ブンセイ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

さよなら!船橋バス

本日、船橋バスは船橋新京成バスに吸収合併されました。
で、車両はどうなったのかと思っていたら
今朝見た1本は、船橋新京成バスの旧塗色(エンジ色)が使用されていました。
こういう時、方向幕がLEDだと簡単に切り替えられて便利ですね。
ネットの情報によると、いすゞエルガ・エルガミオについては
F−BUSの文字を消しただけで運行しているらしいです。
しばらくはこのままなのでしょうか。
funabasibus3.jpg sinkeiseibus.jpg
funabasibus1.jpg
posted by ブンセイ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。