2008年04月29日

東京メトロ07系のBトレイン

やっと本格的に出た東京メトロ新型車両のBトレインショーティーです。
3種類のカラーバリエーション(07系東西線と有楽町線、06系千代田線)があるのですが、私は一番なじみの深い東西線を選びました。
ほぼ毎日お目にかかります。
一番編成数が多いのもこれだし。
組み立てた感想ですが
前面の形状は、なんか微妙に違うような気がします。
傾斜が足りないんでしょうか。
あと困ったことに、実車では大きなフロントガラスの上下に黒い部分があるのですが
それが再現されていないため
そのままだと、ちょっと雰囲気が異なってしまうので
内側から黒の油性マジックペンで色差しをしました。
失敗しないかとびくびくしましたが、やはり黒く塗ったほうがリアルになります。
前面の方向幕シールは屋根パーツに貼れるようになっていますが
どうもステッカーは窓の外側に貼るように作られているみたいで
屋根パーツに貼るのは苦労します。
しかもステッカーの印字が荒く、行先の文字が読みづらいので
あまり貼り甲斐がありません。
驚いたことに側面のドアは薄いグレーで塗られていました。
これはアルミの質感の違いを表現したもののようですが
どうなんでしょうか。
違和感があるような気がします。
実車はもちろんグレーで塗装されていないし。
まあ、メーカーの努力は認めます。
たしかにBトレの銀色は、ステンレスでもアルミでも同じ銀色です。
できれば普通の銀、黒ずんだ銀、白っぽい銀の3パターン塗り分けてほしいところです。
前の記事でも書きましたが
相鉄7000系なんかは、アルミ車体で、ドアと前面下半分の補強板がステンレスになっているのですが
同じ銀色で塗られているため、いまいち雰囲気が違います。
B-metro07.jpg metro07touzai.jpg
metro07.jpg metro06.jpg
posted by ブンセイ at 16:21| Comment(8) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。