2010年08月08日

京王1000系のBトレ

当初これはパスするつもりでしたが、初回限定で前期型の前面と側面が付くと言うので買うことにしました。
初回限定ということは、前期型の再生産はしないのか
それとも今後は前期型と後期型を別々のパッケージで販売するのか
謎です。
たしかこれで京王の現役車種すべてのBトレが製品化されたと思います。
さらに引退した名車5000系も製品化されています。
1000系は7色あり、すべての色が発売されます。
どの色が人気なんでしょうか。
私はどちらかというと後期の前面のほうが好きですが
側面にビート(リブともいう)があるほうが好きなので
前期のほうで作りました。
前期型は初回限定ということもありますし。
ビートより、さらにコルゲートのほうがより好きです。
なので東急8500系なんか最高です。
先日やっと再生産してくれましたね。
厳密には前期と後期とではドア窓の形状が異なりますが、作り分けられていません。
ガラスパーツが共通だから仕方ないのでしょう。
前期と後期のどちらともつかないような成型になっています。
しかし、全体的に造りは良いです。
ちなみに、京王1000系のドアの上には水切りが付いていますが
それが、埼玉高速鉄道のBトレのエラーのように見えます。

B-keio1000.jpg B-keio1000side.jpg
keio1000.jpg keio1000-2.jpg
posted by ブンセイ at 17:06| Comment(4) | TrackBack(0) | Bトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ある程度、車種があって、全部Bトレ化したのは珍しいかもしれませんね?!
電鉄の企画とか広報部とか、商品化にかなり熱心なのかもしれません。
(舞台裏の事情はわかりませんが想像で…)
後は、引退した旧型のいわゆる名車の発売を期待したいところです。
Posted by まちゃ at 2010年08月10日 21:51
まちゃ様、コメントありがとうございます。
京王は、れーるランドとかやってるのでノリノリだと思います。
とりわけ7色発売というのは気合入ってます。
相鉄は一歩先にコンプリートでしたっけ?
小田急と京急はあともう一歩ですね。
小田急3000形と京急1500形、どっちも地味な存在か・・・
個人的には東急の旧3000系なんか作ってほしいです。
Posted by 管理人 at 2010年08月10日 22:29
管理人さんおひさしぶりです、kenです。
いつも図鑑の更新の度に閲覧しております^^

今回の京王の売り方には色々と疑問が…
やはり前期と後期と分けてほしかったんですが、何か狙いでもあるんでしょうか…謎が深まるばかりです。。

ドア窓の形状は確かにちょいと違いますが許容範囲かなと、あのE231系統の改悪リニューアルされたドア窓よりかはマシです。。
あれはすごく気になりますし、あと101系もリニューアルされましたが側面よりも、前面のお面をしてほしかったというのが本音です。。Bトレの101系のお顔似てないですし…
そのほかで東武30000系の前面リニューアルは改良でよかったんですが。。

101系とE231系に関してはバ○ダイの仕様として片づけられそうですね。。

Posted by ken at 2010年08月17日 10:53
ken様、お久しぶりです。
HPを見ていただいていたということで、うれしいです。
再販する時には前期と後期を別々のパッケージにするのではないかと私はにらんでいます。
おっしゃる通り、E231のドア窓は大きすぎて酷いです。
あれならリニューアル前の方がましだったのではと思ってしまいます。
101系は前面も新規金型ではないかと思われます。
しかし、前より大味になってます。
東武30000は珍しく改善されてますね。
まあ、前の出来が悪すぎるのもありますが。
前のは買っていなくて良かったです。(笑)
Posted by 管理人 at 2010年08月17日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158848812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。