2007年09月22日

タモリ電車クラブ オフ会

昨日のタモリ倶楽部はひさびさの鉄道ネタで
忙しくて地方に行けないタモリのために、ビールとつまみを片手にみんなで鉄道DVDを鑑賞するという内容でした。
出演者は、豊岡真澄とそのマネージャー(南田裕介)、ダーリンハニー、芦沢教授、ホンコン、ビビる大木でした。
鑑賞したDVDは、「長崎本線白いかもめ」「釧網本線快速しれとこ」「山陰本線思い出のあまるべ号」の3本。
途中、南田マネージャーが電車の声帯模写を披露していました。
内容は、JR113系、JR103系、市電タイプのコンプレッサー(空気圧縮機)音と京浜急行品川〜羽田空港間の走行音でした。
113系のコンプレッサー音はなかなかツボをおさえていておもしろかったです。
私もあの音は好きです。

るんるん 実際の113系のコンプレッサー音

113系じゃなくて183系の音かもしれません。
183系は前面の電気釜みたいな部分の中に空気圧縮機が入ってるらしいので。
まあ、音は同じです。
たしかに電車のコンプレッサー音ってセミの鳴き声に似てます。
(うるさいところとかも)
京急の声帯模写は、テツの私でもさすがに引いてしまいました。
あの場だから許される芸です。
南田マネージャーはテンパッてビールをこぼしたりしてました。
これから放送する地域の人はお楽しみに。
keikyu1000sten1.jpg
posted by ブンセイ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タモリ倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。