2008年11月24日

ついにEast i-Eをつかまえました

East i-Eとは、JR東日本の電気軌道総合試験車E491系です。
最近、幕張車両センターにとまっている姿は確認していましたが
おととい柏駅ホームで偶然East i-Eが上野方向に走っていくのを目撃し
もしかすると上野駅に停車しているかもと思い、後続の列車で後追いを試みました。
すると、予想通り上野駅にいました。
武蔵野線に入っていたらアウトでしたが。
長時間停車していたので、まったりと撮影することができました。
動画も撮影したので、見たい方は下の画像をクリックしてください。
East i-Eはだいぶ前にも千葉駅に止まっているを見たのですが
残念ながらカメラを持っていなかったので撮影できませんでした。
East_i-E1.jpg East_i-E4.jpg
タグ:East i-E
posted by ブンセイ at 10:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

相鉄の新塗色

用事で横浜に行ったついでに撮ってきました。
相鉄が塗色を変更するという情報を知ったのは、もうだいぶ前なので
すでにかなりの編成が新塗色になっているかと思っていたのですが
目撃したのは写真の1編成だけでした。
9000系です。新塗色のトップ車でしょうか。
なんか間が抜けた印象です。
前の塗色(赤ライン)のほうが断然かっこいいと思います。
南海電鉄の新塗色に似た感じがします。
コーポレートカラーの青とオレンジを使用しています。
これまで相鉄車両の塗色(デザイン)には一貫性がなかったのですが
東急とJRに乗り入れる準備として塗装を統一するねらいもあるようです。
2010年度末までに全車両の塗色変更を完了する予定らしいです。
相鉄といえば昔は薄い緑を基調とした個性的な塗装で
強烈なインパクトがありました。

soutetu9000-2.jpg soutetu9000.jpg
soutetu6000new.jpg
posted by ブンセイ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

クモヤ143−4が湘南色に

JAMの帰りに大崎から湘南新宿ラインに乗ったところ
東京総合車両センター(東トウ)の一番手前に
荷電らしき車両が留置されているのが見えました。
湘南色でした。
その時はクモユニ143だと思いました。
KIOSK限定Bトレのシークレットと同じではないか、タイムリーだなと思いました。
しかし、家に帰って撮影した写真を見てみると
車体番号が「クモユニ」ではありません。
「クモ」までは合ってるんですが、3文字なのです。
3文字目が読み取れなかったのですが
しばらく考えて「クモヤ」だとわかりました。
クモヤ143−4だったのです。
クモヤと言えば事業用牽引車です。
そういえば前面に貫通扉がありました。
ネットで調べたところ、クモヤ143−4は国府津車両センター付近で
JR社員の輸送に使われているらしいです。
しかし、写真を見ると他のクモヤと同じく紺色のボディーに前面黄色帯です。
どうやら湘南色に塗り替えたようです。
なぜ?
8月25日に東京総合車両センターの一般公開があるので
その出し物にするつもりでしょうか。
しかし、イベントのために色を塗り替えてクモユニもどきにするというのは
姑息(こそく)というか、えげつないというか。
ところが、16日に出場するという情報もあります。
社員輸送用なので牽引用と区別するため色を変えたのでしょうか。
そうだとすると、湘南色にしたのは粋な計らいです。
話題作りが狙いでしょうか。
ネットで調べた限りでは、真相は定かではありません。

kumoya147-1.jpg chimari5.jpg
B-kumoyuni143.jpg
posted by ブンセイ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

千葉駅にEF65試験塗装機現る

EF65型直流電気機関車の1059号機です。
ネットで調べてみたところ、唯一残ったJR貨物試験塗装機らしいです。
側面の巨大な「JR」文字が特徴です。

jrEF65-1059.jpg
posted by ブンセイ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

西武鉄道撮影記

今回、約1年ぶりに西武鉄道の視察に行ってきました。
主な目的は
・東京メトロ10000系の撮影
・6000系白塗り車の撮影
・方向幕の撮影
です。
東京メトロ有楽町線で練馬駅に降り立ちました。
前回は気が付かなかったのですが、西武でも本格的に発車メロディーを採用していたのですね。
調べてみたら、すでに1998年から導入していたようです。
練馬駅では4つのホームそれぞれに4種類の発メロを使用していました。
発メロは車内のスイッチから操作していたみたいです。
西武の発メロは短く、JR東日本の発メロを聴き慣れている者にとっては接近メロディーと勘違いしてしまいます。
練馬駅は高架複々線によって2面6線になり、一番外側に特急・急行の通過線ができました。
通過線には粒の細かい消音バラストが使用されているのですが
にもかかわらず通過時にはすさまじい轟音が響いていました。
西武球場前行の列車が目立ちました。
maku_kyujou2000.jpg
野球の試合がある日は一部の所沢行が西武球場前行に延長されるようです。
ちなみにこの日は西武×中日の交流試合があったみたいです。
3ドア車の数はめっきり減ったのか、なかなか見ることができませんでした。
減ったのではなく、ほとんど車庫で休んでいたのでしょうか。
休日こそ活躍の場だと思うのですが。
新2000系の方向幕もかなりLED化されていました。
幕車とLED車が半々といった感じでした。
6000系は白塗り改造車以外はすべて幕式ですが、白塗り改造に伴い幕車はどんどん減っていくと思われます。
ちなみに白塗り車はフルカラーLEDです。
seibu6000white.jpg
白塗り改造は東京メトロ副都心線乗り入れ車に対して行われています。
視認性向上の目的で白塗りしているらしいのですが
個人的にはステンレス車で前面だけ白いのは好きではありません。
白塗り車の先駆けはJR211系あたりでしょうか。
jr211takasaki-2.jpg
JRでは、京葉線205系、209系、山手線E231系などで多くみられます。
JR東海車にも多いですね。
私鉄では、京王、新京成8900形、相鉄8000系などがあります。
京王は厳密には白ではなくアイボリーですが。
keio8000-2.jpg
肝心のメトロ10000系の撮影は、なかなか思うようにいきませんでした。
小手指行を目撃し、JR武蔵野線で帰る予定だったので秋津駅で折り返しの10000系を待ち構えていたのですが、6000系にかぶられて失敗。
反対側のホームから撮ろうとしたのがまずかったです。
しかし、たしか10000系は各駅停車なので、後続の優等列車に乗れば追いつくかもしれないと気付き
次に来た快速に乗ったら、早くもひばりが丘駅で追いつくことができました。
10000系は待避していました。
しかし、ひばりが丘駅ではホーム長が足りず、ファインダーに入りきらなかったため、10000系に乗車し、次の保谷駅で降りて撮影しました。
ただ、逆行だったので、おでこの部分が白っぽくなってしまいました。
metro10000.jpg
保谷まできてしまったので、武蔵野線で帰ることを断念し
そのまま有楽町線で新木場まで行き、JR京葉線で帰ることにしたのですが、それが不運のはじまりでした。
やっとのことで新木場に着くと、京葉線が人身事故で止まっているではないですか。
運転再開まで約45分待ちました。
jr205_211bousou.jpg
posted by ブンセイ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

小田急の併結編成

私のHPに小田急4000形と3000形の併結編成の写真を掲載しているのですが
きのう気が付いたのですが
小田急では抵抗制御車両とVVVFインバータ制御車両の併結運転が
当たり前のように行われているんですね。
最近でも5000形と3000形の併結編成を頻繁に見かけます。
加速度・減速度を合わせていれば問題ないんでしょうか。
ただし、ブレーキ読み替え装置なるものは必要なようです。
乗り心地もぎこちないらしいです。

odakyu1.jpg
タグ:小田急
posted by ブンセイ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

小田急2400形

私が運営しているサイト「通勤電車図鑑」ではアクセス解析を行っているのですが
先週は「小田急2400形」という検索ワードによる訪問が目立ちました。
小田急2400形ははるか昔に引退した形式であり
なぜ今ごろ話題になっているのか疑問でしたが
調べてみたところ
鉄道模型メーカーのマイクロエースから6月に発売されることが発表されたためとわかりました。
2400形は、先頭車と中間車とで車長が異なるというクセのある形式です。
少し前にはトミーテックの鉄道コレクション(鉄コレ)第3弾で
「ネコ」の愛称でおなじみの小田急2200形が発売されたので
並べて置いてみるといいかもしれませんね。
というか、それを当て込んでの発売か?
マイクロエースは、京成3200形などマニア受けする模型を多く発売しており
スキマ鉄道模型メーカー的な存在です。

odakyu2400-1.jpg
posted by ブンセイ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

E233系が営業運転開始

去る12月26日、中央快速線に新型車両E233系がデビューしました。
中央快速線では201系以来27年ぶりの新車だそうです。
E231系などとはドア窓の形状が異なっています。
若干大きくなり、角ばっているようです。
そして最大の注目点は、ドア部にもオレンジ色のラインが引かれていることです。
本日中野駅で撮影してきました。
撮影したのは青梅行でした。
今日は2編成運行していたらしいです。
たしかに乗り心地はいいのかもしれませんが
見た目はおもしろくないですね。
またしても無機質なデザインの車両が登場した、という印象です。
近年の新型車両はどれも「かっこいい」車両ばかりで
いわゆる「味のある」車両が少ないと思います。
こんな、のっぺらぼうな鉄道車両だらけになった日には
鉄道ファンは少子化も相まって減る一方なのではないでしょうか。

jrE233.jpg
タグ:E233系 中央線
posted by ブンセイ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

京成船橋の高架化工事が完成

とうとう完成してしまいました。(涙)
今日から下り線が高架線に切り替えられました。
実は今日は用事があって試乗できませんでした。
写真だけは撮れました。
京成船橋駅前の踏切がなくなったのはいいんだけど
道路を横断しにくくなりました。
前は踏切が閉まっている間に横断できたんですけど。
今日はまだ線路の手前で停止している車が多くいたようです。

koukaka20061125-1.jpg
posted by ブンセイ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

尾久行き断念

雨傘さしてまで行く気しないっす。


代わりに
尾久車両センターに留置中の
マニ50の画像をアップしときます。

mani50.jpg
posted by ブンセイ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

さよなら都営5200形

本日は都営浅草線5200形さよなら運転の日です。
みんな大至急千葉ニュータウン中央へGO
(僕はおっくうなので行きません)

toei5200.jpg
posted by ブンセイ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

211系が房総デビュー

JR211系が本日めでたく(?)房総各線にデビューしました。
長年113系王国だった房総に、ついに刺客が現れたという感じです。
今日から11月4日にかけて徐々に投入車両を増やしていくということで
まだ今日は本数が少なかったです。
113系の6両編成が211系の5両編成に置き換わるということで
「編成が短くなり、ご迷惑をおかけします」としきりにアナウンスしてましたが
かえって不満を助長するのではないでしょうか。
だまっていたほうがいいのでは・・・
ロングシートになるので、座席数も減るんだよね。
利用客の反応やいかに。

jr211bousou.jpg
posted by ブンセイ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。