2011年08月28日

発車メロディー

ご存知の方もいるかと思いますが
最近「ダウンタウンDX」という番組の効果音として
JR東日本の発メロである、JR-SH1、JR-SH3、JR-SH5が使われています。
いずれも名曲なのですが、著作権の関係でHPで紹介することができません。
番組でいつまで使用されるのかわからないので
聴きたい人は早めにチェックしたほうがいいと思います。

JR東日本の発車メロディー
posted by ブンセイ at 18:29| Comment(10) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

半田健人は鉄道ファン

きのうの「さんまのスーパーからくりTV」を観ていたら
「小倉優子音楽隊」のコーナーにベース担当で半田健人が出てきたのですが
趣味は?と聞かれて鉄道ファンであることをカミングアウトしてました。
まあ、「タモリ倶楽部」と観ている人なら、よく知られていることですが。
番組の近藤プロデューサーも鉄道ファンということで
2人で20系客車の話などで盛り上がっていたようです。
それにしても、あんなイケメンが鉄道ファンの一員だと助かります。
下の画像は、本文とは全く関係ない近鉄8000系のBトレです。
B-kintetu8000.jpg
posted by ブンセイ at 12:06| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

発メロ

私のHPのJR東日本の発車メロディー特集のアクセス数が
きのうの深夜から急激に増加し
何かあったのかと思ったのですが
(2chで紹介でもされたのかと思った)
ブログ検索してみたら
NHKの「つながるテレビ@ヒューマン」という番組で
JR東日本の発メロのメドレーをピアノで引く人を取り上げていたためと判明しました。
これは前々からYouTube動画で有名でした。
さすがNHKの影響力はすごいです。
この番組、見たかった!
何曲ぐらい演奏したんでしょうか。
情報によると、楽譜なしで演奏してるらしいです。
天才です。
posted by ブンセイ at 18:41| Comment(5) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

未来創造堂

先週金曜日の「未来創造堂」という番組に鉄ドルの豊岡真澄さんが出ていたのですが
オハネフとかオロネフなどの客車のプレートを見て木梨憲武が
「ハワイじゃないの?」と言ってました。
たしかに国鉄式の車両記号って変なの多いよな。
suhafu42.jpg B-orone10.jpg
posted by ブンセイ at 21:25| Comment(8) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

交渉人 真下正義

私はこの映画、恥ずかしながら昨日テレビで初めて観ました。
乗っ取られた地下鉄の試作車がクモE4-600っていうんですけど
非鉄の人は、なんで「クモ」なの?って思うでしょう。
国鉄式の車両形式を元にしているのは間違いないと思いますが
それによると「クモ」は制御電動車ということになります。
つまり、運転台とモーターを備えた車両です。
「クモハ」というのが一般的ですが
最後の「ハ」は普通車という意味で、客室の等級を表しており
通勤電車ではあまり意味をなさないので付けなかったのでしょう。
クモE4-600はどの線路の幅でも走れるフリーゲージトレインという設定ですが
だからといって、自由自在に走れるってわけはないでしょう。
ポイントを切り替えないといけませんよ。
それに、1両編成では使い物になりません。
試作車だからいいのか?
無数のライトが光ってたけど、あれじゃまるでマルチプルタイタンパーだ。
「脇線」や「ダンパ」などという聞きなれない用語が飛び交ってたけど
それもそのはず、映画用に勝手に作られた言葉でした。
「脇線」は連絡線、「ダンパ」は留置線の意味のようです。
連絡線は、実際に東京メトロ千代田線と有楽町線の間などにあります。
途中で「せんびきや」という人物が登場しましたが
果物屋の「千疋屋」かと思ったら
「線引屋」つまり列車ダイヤを作成する職人でした。
「スジ屋」という呼び方が一般的なんですけど。
なんかおかしな表現が多いです。
それに今どきダイヤの変更は、いちいち職人を呼ばなくてもコンピュータプログラムで簡単にできるでしょう。
まあ、それじゃストーリーがつまらないですけど。
映画の撮影は東京でなく、神戸市営地下鉄などで行われたようですが
冒頭でちらっと、今はなき横浜市営地下鉄1000形のドアが映りました。
画像はクモE4-600にちょっとだけ似ているつくばエクスプレスです。
tx-1.jpg hama1000.jpg
ラベル:真下正義
posted by ブンセイ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

銚子電鉄と菊次郎とさき

先日、ドラマ「菊次郎とさき」を観ていたら、銚子電鉄が出てきました。
しかし、銚子電鉄としてではなく、東武鉄道の車両としてです。
どういうことかと言うと
主人公の北野武(ビートたけし)は東京都足立区の出身で
ドラマ中に時々東武伊勢崎線の梅島駅が登場します。
このドラマは昭和30年代が舞台となっているのですが
そのため梅島駅の再現シーンとして銚子電鉄の外川駅が使われているというわけです。
銚子電鉄の車両は、そのままのどぎつい色で映っています。
たしか当時は東武車両もベージュとオレンジ色のツートンカラーで
塗り分けも似ているので、まあ良しとしましょう。
ただ、発車時の加速音は別録りなのですが
京急1000形のような音で、時代にマッチしていないと感じます。
どうせ銚子電鉄も吊り掛け車だろうから、吊り掛け音のほうがリアリティーがあると思います。
吊り掛け音の効果音も持ってるとは思うんですけどね。

ちなみに、現在の梅島駅はスペースが少なかったのか変則的な構造で
外側に優等列車の通過線があり、上下線の対向式ホームを一列に並べたような島式ホームになっています。

ところで、このドラマにはダンカンと大杉漣が共演しているのですが
顔がかぶってると思うのは私だけでしょうか。

そう言えば、銚子電鉄はドラマ「特急田中3号」にも出てきました。

銚子電鉄 ←旧塗色の銚子電鉄(鉄道コレクション第2弾)
tobu7800.jpg ←当時主流だった東武の旧型車
posted by ブンセイ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

吾妻線

ついさっき、「タモリのジャパニカロゴス」という番組で
ナレーターの坂上みきが「吾妻線」を「あずません」と読んでいました。
正しくは「あがつません」です。
日本語を正しく読むという趣旨の番組なのに
ナレーションが間違っててどうするんですか。
タモリも鉄道マニアだったら気が付かなきゃ。
jr107.jpg ←吾妻線で使用される107系
posted by ブンセイ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。